ダイエットを断食で成功させるならリバウンドに注意

断食によるダイエットは効果のある方法として人気ですが、実践する際には注意すべき点があります。

一時的に体重が減っても、その後増えては意味がありませんので、リバウンド予防が重要になります。

特別なトレーニングをしているわけではない普通の人が断食によるダイエットをするなら、食事の減らし方は工夫が必要です。

特別なことを何もせずに、今までの生活から急に食事だけを抜いた生活をすると、健康状態を損ねてしまうかもしれませんので要注意です。

体に負担をかけすぎないためには、絶食でのダイエットではなく、カロリー制限や、置き換えダイエットなどがおすすめです。

断食ダイエットで、置き換えをする回数は1日1食が基本ですが、短期限定で痩せるなら1日2食の方法もあります。

断食をする時に注意をしたいのは、タンパク質が不足するとリバウンドすることです。

筋肉が減ると低代謝の体になり脂肪がつきやすくなりますが、筋肉はたんぱく質でできています。

たんぱく質を少なく、脂肪過多な食事ぱかりをとっていると、肥満になりやすいといいます。

たんぱく質不足になりやすい状況として、野菜をメインとした置き換えダイエットをしている場合があります。

たんぱく質と水がなければ、人間の体は筋肉や臓器を作り出せません。

肉を減らす場合は、豆腐や魚介類でたんぱく質を補充するようにしましょう。

ダイエットとは食事制限をして綺麗に痩せることです。

リバウンドするような食事制限はダイエットとは呼ばないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>